2014年08月05日

16628

16628
1: ダイビングフットスタンプ(WiMAX)@\(^o^)/:2014/08/03(日) 12:51:35.88 ID:7ZSey7lQ0.net

男性の「賢者タイム」と「先行する透明な液体」を専門医が解説

 必ずしも性教育に積極的だとはいえない日本。たとえば、男性器に関する詳しい知識を身につけないままお大人になったという人も多いのでは?

 たとえば、勃起すると出てくる透明な液。俗に「がまん汁」といわれるが、これは尿道球腺から分泌される弱アルカリ性のカウパー腺液という液体。どういう役目があるのか知っているだろうか? 恵比寿つじクリニック副院長の助川玄さんは次のように説明する。

「膣内は菌が繁殖しないよう、酸性で保たれています。しかし精子は酸性に弱く、そのまま膣内を通ってしまうとダメージを受けてしまいます。それを事前に弱アルカリ性にして、精子が生きやすい環境を作っているのです」

 陰茎部分などを刺激し、快楽のピークに達するといよいよ射精となる。

「精液は尿道を通って排出されます。射精すると、海綿体に集まっていた血液が静脈から体内に戻っていくので、萎えて元通りの状態となります」(助川さん)

 射精時は強い快楽を感じるが、いざ射精をすると一気にさめてしまう男性は少なくない。いわゆる「賢者タイム」というやつが訪れるのだ。銀座長澤クリニック院長の長澤誠一郎さんは、この「賢者タイム」を解説する。

「女性は絶頂を迎えても、そのあと快楽は残っているといわれますが、男性は絶頂からさめるのが早い。セックスが終わったら背を向けて寝てしまう人がいるというのも、男性の快楽のさめやすさを表しているのかもしれません」

 射精し萎えてしまった陰茎が、再び勃起するまでの時間や1日に射精できる回数は人それぞれだ。

「思春期なら3分で復活する人もいますし、中高年ならすぐに勃起というわけにもいかないでしょう。その人の健康状態なども含めて、まちまちとしかいいようがありません。回数にしても、1日10回できる人もいれば、1回で満足する人もいます。一般的に、年を重ねるにつれて生活習慣病などが生じて、射精の回数や射精後の復活までの時間が長くなる可能性は高いです」(助川さん)

※女性セブン2014年8月14日号

http://www.news-postseven.com/archives/20140801_268679.html


2: キングコングニードロップ(東京都)@\(^o^)/:2014/08/03(日) 12:53:24.17 ID:ukdnRdDC0.net
イエス!賢者モード!

[続きを読む]
知ってる? 勃起時の「先行する透明な液体」と「射精後の冷静さ」 男性器の知識を専門医が解説
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: